▼ 商品検索

ショッピングカートを見る
▼ その他
▼ 本店サイト

家具と木製雑貨の通販
▼ 運営会社

府中家具工業協同組合

広島県府中市中須町1648
Tel:0847-45-5029
Fax:0847-45-8832
shop@wood.shop-pro.jp

営業日カレンダー
の日は休業日です。
▼ QRコード

携帯からもアクセス
フィード講読


このサイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクを張って下さい。

ツキ板の貼り方

当店で販売しておりますツキ板は「和紙貼り」・「シール付き」・「ツキ板のみ」の3種類がありますが、ツキ板を貼り付ける方法はシール付き以外は接着剤を用いることになります。

● 貼る前のツキ板の準備
お届け時のツキ板には巻き癖や歪みなどが生じていますので、裏打ちがないツキ板の面に霧吹きを行い、少し湿らせて柔らかくします。
ただしバーズアイメープルなど杢目のものは湿らせ過ぎると乾いた時に目割れすることがあるので注意が必要です。
湿らせると柔らかくなりますので巻き癖や歪みが一時的に大きくなりますが、心配ありません。
霧吹きで湿らせた後テーブルなど水平な面に置いてダンボールなどで上から挟み、巻き癖や歪みなどで持ち上がらないよう、ダンボールの上から軽く重りを置いて放置します。
すると、数分程度で歪みや巻き癖が殆どなくなります。余分な水分もダンボールに吸水されて貼り易い状態になります。

● 接着剤
ツキ板は木材ですので、ツキ板を貼り付ける対象(基材)が木材やMDFなどの場合は接着剤は酢酸ビニル、いわゆる「酢ビ」系の接着剤が適しています。
木工用ボンドもその一種なので大丈夫ですが、水分が多く硬化時間も長いので綺麗に貼るのは少し難しいです。
耐熱性や耐水性などの耐性がさほど必要でない場合はコニシボンドCH7がお勧めです。

ゴム系の接着剤はダメです。
硬化剤が入ってないものをお勧めいたします。
速乾性のものは接着力が長持ちしません。

コニシボンドCH7での貼り方
和紙貼りがしてあるものは、和紙を剥がさず和紙の上に接着剤を塗ります。
ツキ板のみの場合はどちらの面に塗布しても大丈夫です。
ただし、予め塗装を施したツキ板は熱で塗装が傷むので、コニシボンドCH7での接着は行えなくなります。
【準備するもの】
 手ぬぐい、アイロン、霧吹き、接着剤を塗布するヘラ

1、接着剤を塗ります。
 基材とツキ板の両方に接着剤を塗ります。接着剤を塗布する順番は、基材へ先に塗り、次にツキ板です。

2、アイロンで貼り付けます。
 基材側の接着剤は8〜9割程度乾いた状態、ツキ板側は半乾きの状態になった時に貼り合わせて、手ぬぐいなどの当て布をあててアイロンで加熱して貼っていきます。

3、貼り付け完了。
アイロンの加熱で霧吹きの水分も飛び、荒熱が取れた段階で接着が完了します。

コニシボンドCH7は80度以上の熱で接着しますので、加熱にはアイロンが使いやすいです。
粘着シール付きの場合も、本体側に接着剤を塗り、ほぼ乾いた状態で貼った方がよく 付きます。

参考:曲面へのツキ板の貼り方

シール付きツキ板について

シール付きツキ板は、極端なアールや凹凸がない限り、木材のほか金属やプラスチックにも貼ることができます。(但し、接着力は両面テープと同等)
粘着シールは、ホルムアルデヒドの放散量が最も少ないF☆☆☆☆相当を使用。
シール付きツキ板の
活用例

当店のローズウッド粘着シール付きのツキ板 (ウレタン塗装仕上げ) をご購入されたお客様より

ツキ板貼りの種類

丸太を大根のカツラ剥きの様にして作る「ロータリー杢」のツキ板は、広い一枚モノのツキ板がありますが、通常は木目の美しい部分のみを削ってつくりますので、幅広なものは少ないです。
幅広のツキ板がご必要な場合は、ご要望に応じて和紙貼り(シール付きでも可)いたします。 柾目の場合は、通常追い貼りとなります。
スリップマッチ (追い貼り)ブックマッチ
同じ木目のツキ板を横方向に同じ幅で連続して貼る方法。 同じ木目のツキ板を裏・表にして左右対称に貼る方法
ミスマッチ (ランダム貼り)付け柾貼り
同じ樹種で木目が異なるものを不規則に貼る方法。 希望のサイズより板目の幅が狭い場合、左右に柾目を継ぎ足して違和感無く貼る方法